「治療より予防!」ジャパン・ヘルスファンデーションの健康情報サイト:心身の不調は、脳内のセロトニン不足から始まる!

心身の不調は、脳内のセロトニン不足から始まる!ストレス解消こそが、健康管理や美容にとって最も重要です!

セロトニンとは
セロトニンは、興奮や緊張物質であるノルアドレナリンやドーパミンの過剰分泌を抑え、心のバランスを整える作用のある神経伝達物質であり、精神を安定させる作用があります。自律神経やホルモンのバランスを調整するコンダクター(指揮者)であると言われています。

「病は気(ストレス)から」
昔から、“病いは気(ストレス)から”というように、「うつ病」はもとより「ガン」「心筋梗塞」「糖尿病」などの生活習慣病は、日常生活の乱れだけではなく、社会生活の心理的ストレスが『心拍数を上げる』『血圧を上げる』『血糖値を上げる』『胃腸の働きを低下させる』『毛細血管を収縮させる』等のさまざまな生理反応を起こし、このような状態(交感神経が優位な状態)が続くと身体に病的な変化を引き起こすことが確認されています。

ストレスで自律神経がバランスを崩すことで不調になる
ストレス状態が続くと自律神経がバランスを崩してしまいます。 自律神経とは、体温、血圧、汗、胃腸の動き、脈拍、心臓の動き、食欲など、全身の機能を調節する神経の総称です。
自律神経には交感神経副交感神経があり、この二つが正常に働いているときは体調がいい。
自然に快適な状態で過ごせます。が、自律神経は自分の意志でコントロールすることができないので、ストレス状態が続くとすぐに体調に影響を与えてしまいます。

交感神経と副交感神経とは
緊張度が高いときは交感神経が働いています。交感神経とはいわゆる「戦闘モード」に入ったときに働く神経です。 反対に、「リラックスモード」の働きを担うのが副交感神経です。
ストレス状態では、ずっと交感神経が働いている状態で、副交感神経が働かない。するとどうなるか。 まずは「眠れなくなり」、そしてさまざまな体調不良を招きます。

偏頭痛もセロトニン不足から
セロトニンは血管を収縮させる働きもしており、過度なストレスを受けると減少することも分かっています。そのため、ストレスなどで脳内のセロトニンが欠乏すると脳の血管が拡張し、心のバランスだけでなく偏頭痛集中力の低下なども招くともいわれています。

不眠もセロトニン不足から
また、セロトニンは睡眠導入作用のあるホルモンであるメラトニンの原料であり、分泌を促進することから、セロトニンが不足すると不眠症や睡眠不足をなども引き起こすことが分かっています。

女性のセロトニン量は、男性の約52%
特に女性のセロトニン総量は、男性と比較すると約52%しかありません。そして生理前など女性ホルモンが増えると、セロトニンは減少する反比例の関係になります。したがって女性がセロトニンをケアすることは、現代のストレス社会の中で必要不可欠となってきています。
また、日常のよく聞かれる慢性的な「冷え性」「便秘」「女性特有のPMS(月経前症候群)」や、最近注目される「産後うつ」なども、ストレスと脳内セロトニンの不足が関係していると考えられています。

セロトニンは加齢とストレスで減少する
脳内のセロトニンが不足すると、イライラしたり、不眠や慢性疲労などのストレス症候群を招くといわれています。セロトニンは加齢やストレスにより減少することが分かっています。ストレスを感じれば感じるほど、その対応にセロトニンが使われて減ってしまいますので、ストレスフルな人は、日々セロトニンを増やすことを心掛ける必要があります。セロトニンを増やすには、太陽の光を浴びたり、リズム運動などが有効と言われていますが、現代の社会では思うようにいかないのが現状ですし、それらだけでは、十分なセロトニンを補うことは難しいのです。

ラフマ葉エキスは薬への相互作用がない
メンタルハーブで知られるセントジョーンズワート薬への相互作用がありますが、ラフマ葉エキスは薬への相互作用が無いことから、薬とも併用することができ、継続的に行えるストレス対策として、近年研究者の間で注目されています。

バナナ、トリフトファンでは、脳内のセロトニンは増えない
身体の中のセロトニン量は、消化器に90%、血中に8%、脳内に2%あると言われます。
必要なのは、脳内のセロトニンを増やすことになります。バナナやアミノ酸の一種のトリフトファンなどを食べると、セロトニンが増えると言われますが、脳には血液脳関門というバリアがあるので、食べたものが単純に脳に取り込まれて、脳内のセロトニンが増えるということはありませんので、注意が必要です。

健康、美容にはまずはセロトニンを増やすから!
現在のような厳しいストレス社会では、日頃からストレスの心身への悪影響をよく理解し、ストレスの緩和・解消を日々行い、メンタルヘルスの向上に務め、病気の「予防」に前向きに取り組むことは、国民的課題とも言われています。

人間の身体は脳内ホルモンに支配されていると言われます。自律神経やホルモンのバランスを整える脳内のセロトニンを増やすことが、健康、美容の基本であることをよく理解し、まず日々脳内のセロトニンを増やすことを心掛けてください。